スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| | - | - | - |
 walter lure
12409.jpg
ジョニー・サンダースの盟友ウォルター・ルアーのアルバムを購入。ジョニーは死んだがウォルターは生き延びた。そしてジジイになった。


そんなウォルターが86年に出したアルバム。いやぁ、メチャクチャいいですね。ストレートなロックンロール。懐かしい感じがする。よくわからないけど何かが懐かしい。


内容はハートブレイカーズの正統進化みたいな感じ。ただ破滅的な危ない感じはしない。ピストルズっぽい感じもする。


"三十代から始める誰にでもできる体にやさしいパンク〜入門編〜"

・・・というインスピレーションが最近頭の中にあってですね。やっぱパンクバンドやらないとダメだよなと思っていて。ウォルターのこのアルバムはピッタリな指針。


これで十分だろ?これ以上は頑張らないからな?っていうロックンロールパンク。ピュアロック。パワーポップ。そしてほどよくブルースもどき。


ウォルターの声が何気にいいんだよな。暖かい生命力&アホッぽい力に溢れてるね。ジョニーのロックンロールはシリアスだったけどウォルターはもっとお気楽というか能天気。でもしっかりとパワフルにビシッとロックンロールしてる。


音楽性に特筆すべき点はないっすね。誰がギターで誰がドラムでも変わらないよこういう音楽は。無個性、非個性。禅僧がみんな剃髪で袈裟着てるのとおんなじ。


でもこういうのが一番いいんだよな。最近グレンのリッチキッズも久しぶりに聴いてるけどそういうのやっぱいいよ。


もう俺は基本的にパンクしか聴かないことにしよう。チョロチョロっとたまに違うの聴いて、後はもうこういうパンク、ロック、ロックンロールだけでいい。


目移りするとブレる。あれもいいこれもいいで何がいいのかわからなくなる。方向性的にはやろうと思えば色んな音楽ができちゃうからブレる。


色々聴いて沢山吸収するってのも大切だろうけどそういうのは若い頃に十分やったからもういい。


そしてそもそも音楽ってそんな重要か?大切か?っていうとそんなわけないよっていうね。


なんにもしないでゴロゴロしてるのが一番いいに決まってるだろうが。とりあえず騙し騙し飯食って後は休んでりゃいいんだ。生き物としてはそれが一番自然だろう。シャンカラも行為の放棄に勝るものはないと言ってたしな。


社会は多分ピリピリしすぎなんだよ。必死こいて人間ごっこやらかしてバカじゃないのかと思うよ。誰一人幸せになってないってのにな。そんな生き方、意味ねぇんだよ。原発ボンバッた辺りで一回ね、人間はペースダウンした方がよかったんだよ。


閉塞感に満ちた時代の中でいまだに友情ごっこや愛情ごっこやらかしてありもしない幸福とやらを必死に演出しあってんだ。そりゃ疲れもするわ。


そんな中でじゃあ百歩譲って渋々何かするなら何がいい?っていうとパンクを聴くのがいい。忘れた頃に聴くラモーンズなんて最高だ。


そしてあわよくばパンクバンドがやりたいですね。中学生の頃からずっとそう思ってたところだよ。


もう十分やりたくないことはやりきったし、なすべきことも終えたしでそろそろ遊んで生きてみるのもいいかもしれない。後、レスポール欲しい。ハムバッカーのヤツがいい。ジュニア系統じゃなくてカスタムかスタンダードだね。


数ヶ月金貯めてエピフォンの白カスタムでも買うか。白カスタムったら憧れのレスポール。スティーブ・ジョーンズ閣下。スティーブはギブソンだけど見た目が大体同じならいいんだよ。ギブソンとか冷静に考えると高いよな。楽器に25万とか30万出すって狂気だよな。


ラーズもエピカスホワイトを長年使ってたし、とりあえずエピフォンでもいいからレスポールの形したギターが欲しい。で、ジュギュワ〜ンていうスゲーありきたりな音出したい。

| 05:34 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 05:34 | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://rumblebabys.jugem.jp/trackback/890

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.