変態タバコの神、ガラム
garam20151124.jpg
ガラムというスリランカのタバコがある。究極のタバコ、タバコの神…と呼ばれてるらしい(極一部の人間に)。


賛否両論のタバコ。ダメなヤツは完全に拒絶反応を示し、ハマるヤツはどっぷりハマるタバコ。選ばれし変態にしか踏み入ることが許されていない変態タバコ…。


吸ってみたい…そう思った。ガラムはなんかの植物の丁子という部分が葉っぱに入れられている。吸うとパチパチ音がなる。この丁子というのが植物のとてもフルーティーで甘い味と香りを出す。


パチパチいうタバコはそういうジャンルがあるんだってね。名前忘れたけど。


早速、数多のフレーバーシガレットと一緒に買って来た。ネットではとにかくその香りの強烈さと独特さが語られている。


「あんなもん公共の場で吸ったらぶっ飛ばされる」

「海で吸ってたら職質された」

「部屋で吸ったら部屋中ガラム臭」

「レストランで吸ったら店員に止められた」

等々。


確かに箱を開けた瞬間に独特な甘い香りが広がる。バナナを焼いたらこんな香りしそう。そんな甘ったるい香り。それと同時に香辛料的なスパイシーでエキゾチックな清涼感もある。


バリ島が頭に浮かぶ。なんかそっち系の南国っぽい感じ。アジアン雑貨店で香ってそうな匂い。タイとかの寺院でこんな香りしてそう。これはタバコの香りというかもはやお香だね。


でも科学的な香りじゃなくて、植物の油を使って作ってる香りだからナチュラル。お香が好きな俺には違和感ない香り。


ガラムの何がスゲーってタール・ニコチンがスーパーサイヤ人レベルなとこ。
俺が買ったスーリヤマイルドはタール33mg、ニコチン1.7mg。アホか。全然マイルドじゃねぇ。


ドキドキしながら点火。


ムゥワ〜ンと立ち上る煙り。南国っぽい。煙りはそんなに強く感じない。そして辛くない。むしろみずみずしい。葉っぱの詰まりがバッツリだから燃焼時間も長い。6〜7分位は吸える。


このタバコはゆっくりクールスモーキングするのにピッタリ。時間ない時に吸うタバコじゃない。ゆっくりリラックスして味わって吸うタバコ。


タールニコチンが異次元の高さだから吸いおわった後の満腹感がガッツリある。辛くないからといって普通にパスパス吸ってたらヤニクラでグロッキーになると思う。ゆっくり吸っても、吸いおわった後はふわ〜んとする。心地よい。


一本吸った時は「確かに濃密なタバコだが、まぁこんなもんか」と思った。しかし吸う度に徐々にガラムの魅力に惹かれてゆく。


俺が買ったスーリヤマイルドは一箱16本入り。少々割高だが、納得のクオリティー。


ガラムのスタンダードは缶入りのヤツ。36本入りで1150円。缶入りのはタールニコチンが更に高い。タールは43だったか…。


先ずは試しに箱のスーリヤマイルドを買ってみたが、ちょっとハマりそうな気配だ…。


次は缶入りを行ってみようかな。缶のデザインがカッコいいんだよ。ペン立てとかに使えそう。


このタバコは家に常設しておいて寝る前や食後の一服とか用に吸いたい。間違ってもパスパス吸いまくるタバコではない。一日三〜五本も吸えば十分満腹。ゆっくりリラックスして喫煙という行為自体を味わって楽しむタバコ。


ガラム…いいね。

| 07:00 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 07:00 | - | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://rumblebabys.jugem.jp/trackback/883

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.