ましまし。まさ
先日、マーシーがテレビ出てた。ましまろで出てた。


マーシー、レインコーツのTシャツ着てた。俺、ニヤリとする。


昭和歌謡のカバーとバディ・ホリーのカバー、そしてシングル曲の「がらんとしてる」を演奏。


いやぁ、良かったです。


ボーカルの女性がカクテルドラム叩きながら歌って、マーシーはアコギ、もう一人の人がフルアコ。ベースは無い。


良い編成だったな。


マーシーも自分で「すごいオルタナティブ」って言っていた。


確かにオルタナティブだねぇ。"たま"に通じる様なスモールサウンド感。


カクテルドラムってのがまたね。さすが、わかってる。


マーシーが"うもれた名曲"に自分がブルーハーツ時代に作った"能天気"を挙げていたのが面白かった。


能天気を作った時はマーシー、人生においてかなり落ち込んでいた時期だったらしい。


そんなマル秘エピソード等が当人の口から聞けるのはファンとして嬉しい。


しかし、メチャクチャに落ち込んでいた時に朗らかなハッピーソングである能天気を作るってのも面白い。


自分に言い聞かせる様に作ってたのかな。


マーシーはキョドッてマトモに喋れないんじゃないかと思って見てたが、そこそこ喋れてた。昔と比べるとそこそこ喋ってたな。


まぁ…ボソボソっと申し訳程度の喋りではあるのだけど、トーク聞けて良かったです。


演奏も良かったですね。


ボーカルの女性曰く、ましまろのモットーとして「無理をしない」と言っていた。


賛成します。


俺自身、これから新しくやるにあたって野口に何度か同じ事を言ってたしね。


最近、ボチボチ新しいインスピレーションが蠢いているのだが、多分、新しいバンドはましまろみたいな感じになるんじゃないかなと思う。


サウンドとか曲がとかじゃなくて、精神的な核心のバイブレーション的なところで。


昔はギラギラしてたのが自分にとって普通の平常状態だったけど、今は違うからね。


別に無理して昔みたいに戻ろうとも戻そうとも思わんし。


でも戻るかもわからない。


未来の事は誰にも知れないしね。そもそも知れる必要も特に無いのだね。


不安や心配、焦りや恐れなら見尽くした。


見尽くした上で、俺はそれらを必要としていない事を知ったのだ。


全部、幻だ。サドゥはそれをマーヤーと呼ぶ。


必要なのは一握りの微笑みと、鼻歌で口ずさむ一握りのメロディーだ。


他のものは…結局、あってもなくても究極的には同じ事なんだよ。


細かい話しだ。


重要なのは稲中の前野が言った通り、幸せか幸せじゃないかだ。


それは非常にシンプルな話しなのだ。


世界は確かに悲しみで溢れているが、しかし、まぁ、それはどうでもいい話しなのだな。

| 19:43 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
 スポンサーサイト

| 19:43 | - | - | - |
それなんの番組?チョー見てー
| てら | 2015/10/13 11:44 PM |
テラ

あれ何だったかな…確か土曜日の夜11時位からやってる番組でね、"ソングス"とか"カヴァーズ"とかそんな番組名だった気がするなぁ。リリー・フランキーがMCの番組だったよ。俺もたまたま見ただけだから詳しい事はわからないけど…でもその時の放送がもしかしたらYouTubeとかネットに上がってるかもね!演奏もテラが好きそうな感じだったよ!
| まさ | 2015/10/14 1:52 AM |









この記事のトラックバックURL
http://rumblebabys.jugem.jp/trackback/814

| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | page top |
Graphic by Joujou, Template by Bambi
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.